[PR] 航空券

2007年10月22日

■カーテン・ブラインド■

☆カーテン・ブラインド☆


普通にお店を探してもなかなかいいものが見つからないのがカーテンです。インテリアショップはスペースの都合上カーテンやブラインドに多くのスペースを割いているところはあんまりないんですね。
やっとお気に入りを見つけてもおまけに既製品が合わなくてイージーオーダーになるとかなり予算がかかります。(既製品であれば数千円のところが、安くても二万程度、高いとウン十万なんてこともあります。しかもそんな高いのをかっても気に入る保障はありません。)
遠くまで買い物に行って見つからないで時間を浪費してしまうよりはまずはネットで探すのが賢い選択だといえるでしょう。



◆カーテン

カーテンは部屋のイメージを決める大事な要素です。素材や色・デザインにはとことんこだわりたいもの。しかし、実際に街のショップに行っても思うような物に巡り合えず断念して帰ってくるという事が多くあります。ショップでは実はカラーバリエーションを増やすことを優先しているためにデザインのバリエーションやサイズのバリエーションを少なくしている事が多いのです。そのため、あんまりいいのがないと思いながらも妥協してかなりの金額を払って購入する事になります。

そういう無駄を省くためにもまずはWeb上で下調べをしましょう。Webは店舗側も売り場面積を気にする必要がないため、バリエーション豊かな品揃えになってますし、中には通常より安く売っているところもあります。店舗を歩いて回るより自分のイメージに合うものを探すのに時間がかかりません。



◆ブラインド

価格は若干高めですが、サイズの融通が利くという点で最も有効なのがブラインド。大きな窓の部分はカーテンにして小さい窓にはブラインドを設置するという使い方がよいと思います。
(小さい窓の場合はカーテンのサイズがない場合が多いため。)

ただし、ブラインドは手入れを怠るとホコリだらけになりますし、ちょっとした弾みで折れ曲がってしまう事もあります。そうなると元に戻る事はないので扱いには注意が必要です。また、遮光性という意味ではカーテンなどに比べると若干劣ります。
その辺を加味して選んでみてください。


<カーテン探しに関して個人的にお勧めなサイト>

楽天:カーテン・ブラインド 種類が豊富なため実際に店舗に行く前に見ておくだけでもいいと思います。
実際に店舗で見るより楽天サイトで探したほうがカラーやデザインの種類も豊富だし、サイズもたくさんあると思います。
カーテンショップ サイト構成も見やすいし、採寸方法などの豆知識も公開されていて役に立つサイト。

◆布団(マットレス)


布団は基本的には夏用の物(タオルケットなど)と、冬用の物(羽根布団、羽毛布団など)がワンセットあればよいでしょう。頻繁に来訪者の来る家の場合はもうワンセットあったほうがベターですが、これに関しては収納の問題もあるので、可能な人のみそろえればいいと思います。

マットレスについては、最近低反発のものなどが大流行してます。寝心地はいかがなものか・・・と半信半疑で試してみましたが、これはかなりいいです。掛け値なしにいい。
普通のベッドを使っている人もその上に敷けば良いでしょうし、ソファベッドを使っている人もベッド使用時にその上に敷くだけでかなり寝心地がよくなります。買ってみても損はないなと思える一品でした。

布団についても私は、楽天で探しました。
楽天市場 から、生活・インテリア⇒キーワード検索で「布団」と入力すればかなりのものが出てきます。私の場合は来客用に1万円程度の安いのを買いました。

■シンク周り■

シンク周り

トイレ・お風など、水周りは清潔で美しく使いたいですよね。
かといって1人暮らしだとスペースがなくて、うまく片付かなかったり、誰も見ないだろうと、ついつい手を抜いてしまいがち。ちょっとしか見ないところだけど、そういうところこそ綺麗にしておきましょう。自分が他人の家に行ってこういうところが汚いとまた来たいとは思わないですよね。自分の家にせっかく友人・恋人を呼んでも、こういうところが汚かったら幻滅されてしまいます。


◆トイレ周り
トイレ用品で必要なものは

①トイレを洗う物
②トイレットペーパーやタオルなどを収納する場所
③消臭剤・芳香剤
④トイレマット

といったところでしょうか。これぐらいは引っ越した時に最低限用意しておきましょう。
①については、なるべく目立たない色できちんと洗う部分を収納するBOX付のものを選んで買いましょう。安いもので十分ですが、半年に一度くらいは買い換えるようにしましょう。
汚いまま放置しておくと、菌が繁殖する恐れがありますので注意してください


②については備え付けの場合が多いですが、もし部屋にないようでしたら是非小さめの棚等を用意する事をお勧めします。

③は、マナーとしておいておくべきものです。客人が来たときに合ったほうが自分にとっても来訪者にとってもいいですし、「ブルーレット置くだけ」のようにタンクの上に設置するものは洗浄効果もついてますので、置いておくだけでもかなりいいと思います。

④マットは意外と敷いていない家が多いのですが、あるだけで清潔感がまします。もちろん週に一度程度はマットの洗濯をする必要がありますが、トイレで毛などが地面に落ちているよりはこういったマットの上に落ちているほうが不潔感は和らぎます。また、床の上に落ちた毛などは色々なところに飛んでいってしまう可能性が高いですが、マットに落ちた毛はマット上にとどまる事が多いので他の部屋を汚さずにすみます。


◆お風呂場
お風呂場に合ったほうがいいものは

①お掃除グッズ
②風呂桶・風呂椅子・シャワーカーテン
③収納グッズ


といったところです。

①お掃除グッズ
お掃除グッズについては、まず風呂置けなどを洗う通常のスポンジと、風呂トイレが別の住居に住んでいる場合は洗い場のタイルを掃除するものがあったほうが良いでしょう。

また、そういった見える部分はよく洗うのですが、どうしてもやるのが億劫になりがちなのが排水溝。
ここには毛を集めてくれるようなシールなどが売ってますのでそういうものを活用しましょう。
しつこい汚れについては、歯ブラシなどでこすり洗いをすれば大体の汚れはおちます


②風呂桶・風呂椅子・シャワーカーテン
桶と椅子は風呂トイレが別の人にしか必要ないですが、買ったほうがよいでしょう。また、購入の際には抗菌性のものをお勧めします。やはり風呂場は湿気と人の皮脂により非常に菌が繁殖しやすくなってます。
風呂場で利用するものはなるべく抗菌にしたほうがよいでしょう。

逆にシャワーカーテンは風呂トイレ一緒の人にしか必要ないですが、これはなるべく明るい色を選んだほうがよいです。風呂トイレが一緒の家はどうしても風呂場が暗くなりがちなので、こういったワンポイントで明るい配色のものを使ってあげたほうが、入浴タイムに安らぎを得やすくなります。

③収納グッズ
収納グッズは、シャンプーや洗顔料等のおき場所に使います。風呂場のスペースをすっきり使うためには是非用意したほうが良いでしょう。また、こういったものの上に物をおくようにしないと、シャンプーなどのボトルの下に菌が繁殖し、カビなどの原因になります。


◆その他便利な収納

今一番便利だと思うものは洗濯機の周りに設置する収納フレーム。
こういうものがあると洗濯機上のスーペースを有効に活用できますし、周りにお好みのキルトを合わせることでお洒落に収納できます。
<関連グッズ>
¥9240
(税込)

■お掃除グッズ■

■おそうじグッズ■ 

ひとりで生活をすると、今まで親がやっていてくれた掃除も自分でしなくてはいけません。
仕事や学校があると、中々自分で掃除をする時間を取れないと思いますが、部屋が汚いと、ダニや埃がたまって衛生上非常に問題が出てしまいます。
『ちょっとした汚れはちょっとのうちに』
これが私のモットーです。
皆さんも綺麗を保つために最低限の道具はそろえておきましょう。 

◆掃除機

生活家電のほうでも書きましたが、あんまり安物は辞めましょう。
1人暮らしとはいえ、やはり普通のサイズの掃除機は持っておいたほうがよいでしょう。最低でも一週間に一度くらいは部屋に掃除機をかけないと、塵や埃で部屋の衛生状態が悪化します。

お勧め掃除機

ここにある掃除機はデザイン性もよくて性能もいいものが多いです。
縦型のもの・横型のもの・小さなものと色々ありますので、まずは収納場所に合うかどうかをチェックし、次に必要なサイズなどをチェックして購入しましょう。ミニクリーナーは机のうえや棚の上、ちょっとした隙間など様々な所を手軽にお掃除できるのでお勧め。
サイクロン掃除機 ハンディクリーナー 縦型クリーナー

販売価格:46,370
(税込)

販売価格:\4,000
(税込)

販売価格:9,980
(税込)


◆コロコロ


まず、部屋の汚れの代表格といえば"髪の毛"。それからチリチリしたやつ(苦笑)。
何にもしなくてもこれらは必ず床にたくさん抜けてます。風呂上り・髪を乾かした後等々抜けるタイミングの後は必ずコロコロしましょう。
また、ラグマットや布団の上も見えないだけですごーく落ちてますので、コロコロしましょう。

コロコロ コロコロ替え 水洗いコロコロ
Click Here!
販売価格:\980(税込\1029)
Click Here!
販売価格:\380(税込\399)
Click Here!
販売価格:\480(税込\504)



◆フロアモップ


フローリングを綺麗に保つコツは、当然ですが、こまめに掃除する事。
ただし、こまめに掃除するといってもむやみやたらに掃除すればいいわけではありません。基本的にフローリングは吸水性は悪いですので水拭きよりも乾拭きがよいです。
フロアモップでさっと埃を取るだけでもぜんぜん違いますので、これらの器具はそろえておくと便利です。
特にスチームクリーナーは床についてしまったしつこい汚れを綺麗に落としてくれますし、床以外にも油汚れも落とせますのでキッチン周りも綺麗に保つ道具として使えますので、持っていて損はないと思います。
フロアモップ スチームクリーナ


フローリングからビニール床・畳まで立ったままラクラクお手入れ


ジェットスチームでしつこい汚れもいちころ!



◆お風呂掃除
 

面倒くさくてもこれだけはやらないと毎日を快適に過ごせません。
自分なりにルールを決めて掃除することを習慣図ける事ができればきっと長続きするはず。
特に排水溝周りは嫌でもやりましょう。週に一度ずつこなせば1人暮らしであれば汚くなる前に手が打てますので苦労は少ないです。ちなみに私は土曜日の夜、入浴後をシンク周り掃除タイムにしてます(笑)

お風呂掃除用スポンジ 無害お風呂の石鹸 のびーる激落ち君
Click Here!
販売価格:¥800
水だけで汚れを落とせるすぐれもの!

販売価格:¥1,029
有害物質を吸い込む心配のないお風呂の洗剤です。お勧め。
Click Here!
販売価格:¥1,300
洗剤いらず。浴槽の汚れから天井の汚れまで落とせます。◎!


もっと色々なグッズをお探しの方にお勧めのサイト。

サイト コメント
生活彩館 カテゴリわけされていて見やすいサイト。
日用雑貨ももちろんそろうし、家具も扱っているサイトなのでついつい欲しいものがたくさん出てきてしまいます。
Click Here! いわずと知れた、何かを買おうと思ったらまず覗くべきサイト。メジャーな商品から掘り出し物まで大概のものはそろっているので、買いたいものがはっきりしている場合はこういう大きいところで探すのがよいと思います。現在ポイントキャンペーン中らしいので覗いてみると面白いかも知れないです。


■洗濯グッズ■

洗濯グッズ



1人暮らしをする上で必要となる洗濯グッズをチョイス!洗濯に必要な物は以下の通り。


◆洗濯機
  最近では、一台で洗濯・乾燥までできる物まで登場しております。お金に余裕があれば乾燥機能付の洗濯機を購入したほうがいいと思います。
なぜなら、1人暮らしをしていると洗濯する時間も限られます。そのような中、天気が悪かったりすると洗濯物がたまってしまうばかりでなく、着るものがなくなる可能性さえでてきてしまいます。しかし、乾燥機能さえ付いていれば天気を気にすることなく洗濯することできそのような心配から解消されるというわけです。便利ですよ。

  <関連グッズ>

ランドリーラックは収納性に優れているので一人暮らしにはあった方がよいと思います!!

 

¥3,000程度~
一人暮らしにお勧めの洗濯機     


洗濯雑貨
 洗濯のときにそろえておくと便利な雑貨を紹介します。

   
製品 コメント 価格
Click Here! 羽毛・マット用ピンチ
厚いもの(フロンやマットなど)を干すときに活躍します。
¥265
(税込)
Click Here! ランドリーロープ&洗濯バサミ
必需品です。
ケースに入れれば旅行等にも使えますので便利です
¥630
(税込)
  洗濯槽除菌剤
入れておくだけで洗濯物・洗濯層の双方が除菌できます。毎日使用しても三ヶ月は持つのでコスト的にも非常にお得なものといえると思います。
¥7,980
(税込)
  ランドリークリーンリング
リングを入れて回すだけ。洗剤を使わないから、排水もクリーンで環境を汚染しません。アトピーや敏感肌、赤ちゃんにも安心で、破損しない限り半永久的に使える経済的な商品です。
¥5,500
(税込)


・その他製品をお探しのときは以下のサイトが便利です。
サイト コメント
生活彩館 カテゴリわけされおり見やすいサイト。
日用雑貨ももちろんそろうし、家具も扱っているサイトなのでついつい欲しいものがたくさん出てきてしまいます。
Click Here! いわずと知れた、何かを買おうと思ったらまず覗くべきサイト。メジャーな商品から掘り出し物まで大概のものはそろっているので、買いたいものがはっきりしている場合はこういう大きいところで探すのがよいと思います。


■キッチン用品■

キッチン用品■

毎日料理をする人はもちろん、たまに料理をする人も、とりあえず一通りの料理道具はそろえておきたいものです。私が1人暮らしをする上で必要だなぁと思うキッチン用品を紹介します。


基本セット
まず料理をする上で必要なものは

①包丁
②まな板
③お鍋・フライパン
④油・調味料等

といったところでしょうか。これぐらいは引っ越した時に最低限用意しておきましょう。
包丁はついつい安いものを買いがちですが、あんまり安いものを買うと使い物にならなくなるので気をつけましょう。(私は100円ショップのモノを買って、一ヶ月程度で使い物にならなくなりました。)

②たまにしか料理しない人はどちらでも良いですが、こまめに自炊するぞ!と気合の入っている方は、抗菌性のモノを買ってください。これも、あまりにも安いものを買うとまな板に菌が繁殖いたします。(こまめに洗っても水周りは菌が繁殖しやすいのです。)

③は、大きいものを買えればいいですが、1人暮らしだと中々そうもいかないだろうと思います。
(私も実際最初は小さいフライパンのみでした。)
しかーし!
結構自炊するつもりよ!って方はそれなりの大きさのもの(直径20cm程度以上)を買ってください。小さいフライパンで料理すると、そこら中に野菜やら何やらをこぼしたり油が飛び回ったりでキッチン周りは汚れる一方です。安い・小さいはありがたいですが、あんまりケチると買い換える羽目になります。普通でよいので、まとものなものを買いましょう。
おなべは焦げ・汚れが着きにくい材質のものを買うべし。食器洗いが得意な人はいいですが、嫌いな人はステンレス素材のものがいいですよ。

④1人で生活していると、調味料は特に重要です。
多少味付けに失敗したって、調味料が何とかしてくれますから!
ちなみに、私の冷蔵庫には必ず、マヨネーズ・ケチャップ・醤油・ごま油・バターを入れております。

■ちなみに・・・
いちいちばらばらに買うのが面倒だという人、必見です。
私は思わず買っちゃいました(^^)
基本お料理セット
 16,800円
   

平野レミのフライパンをはじめ、包丁などもついており、一通り必要なものはすべて(しかも良品!!)そろいます。
ばらばらに買うよりも良質なものが安く手に入るため、絶対にお得だと思います。



キッチン周りを綺麗に保つために★
基本的なスポンジ・洗剤は誰でも買うと思うので、ここではそれ以外にあってよかったと思うものを挙げます。

 

 898円

何かと使うラップとペーパーを収納できる優れもの。あるとキッチン周りがかさばらなくてすみます。
Click Here! 1500円 おなべについてしまった頑固な汚れ・こげなどや錆びてしまったキッチンなどを綺麗にしたい方にはこのセットがお勧め。



もっと色々お探しの方はこちらへ
ないものはない!お買い物なら楽天市場

■照明■

照明


空間の演出には欠かせない照明。
部屋のイメージを決める重要な要素になるので、妥協しない方がいいと思います。
ここでは照明選びのポイント、お勧めの照明などを紹介します。
(お勧めの照明については私がいいのを見つけ次第随時upしていきます。)

◆メイン照明
メインのライトは部屋のイメージを左右しますので、慎重にチョイスしましょう。
賃貸物件は既に照明がついているところが多いですが、空間演出にこだわりのある人は自分で取り替える事をお勧めします。

ちなみにw数は、6~8畳間であれば60Wもあれば十分だと思います。100Wもあると、明るすぎて電気代がかさみますし、暖色系のライトの下だと暑いため電気をつけているだけで冷房費があがります。

Click Here! 照明取り付け
レール
これは本当にお勧め。自分の部屋に取り付けましたが、ショーウィンドウみたいな部屋になりました。天井に穴を開ける必要もないし、取り付けもすごく簡単。メインの照明をこういう間接照明にするとお洒落な部屋になると思います。これに暖色系のライトを設置すればgood!
Click Here! 吊り下げ式照明 上から吊り下げるタイプの照明。私の部屋のもう一個の照明はこのタイプです。人とちょっと違う部屋にしたい人はこういうタイプの照明をつけると、ちょっとした喫茶店(←死語か?!)のような雰囲気になって落ち着いた空間を作り出せます。
※写真はすべて小さいサイズで見づらいと思いますが、クリックしていただければ拡大してごらんいただけます。



◆スタンド
特に必須なわけではありませんが、既に照明が設置されているマンションなどに住んでいる方で、取り替えるのが面倒だけど時には部屋のイメージを変えてみたいという方にはお勧めです。


◆スポットライト
部屋のムードをぐっと良くするのがスポットライトです。
部屋のメイン照明に据えても良いですし、部屋の隅にポールを立ててそこにスポットライトを設置するというのもありです。
間接照明にしたほうがお洒落な空間を演出できます。



◆フロアライト
就寝直前にメイン照明を落としてフロアライトだけにすると、かなり落ち着きます。
また、映画を見るときなど部屋を暗くしたときにもこういうワンポイントの明かりだけ残しておくといい雰囲気を作る事が可能です。

メイン照明の明るさを調整できる方はともかく、そういう機能がついていない照明でも、フロアライトさえあれば、バーのような雰囲気の部屋を作る事ができますので一つくらい持っておくと何かと役に立つと思います。


以下は私が探すときに見ていたサイトです。
照明探しの助けになると思いますので参考までに見てみてください。


楽天さんの照明関連です。 やっぱり品数は豊富。電気やさんで探す前にここで探してイメージだけでも作っておくと後々役に立ちます。
激安!家電のタンタンさんのページ 安くていい照明がいっぱいあるサイト。他にも家電製品が豊富なので一度見てみると面白いかもしれません。
アットホーム照明さんのサイト。 照明を専門に扱っているサイト。なかには五割引なんていうお宝ものもあるので参考に見てみると面白いです。
アイエムさんのサイト。 世界中の照明を扱っているサイトなので、他にはないオリジナリティあふれる照明を見つけられると思います。